安全の判断基準

ネットで食品を売ること

パンやケーキのようにお店で作って売ったり、スーパーやコンビニのように仕入れて売ったり、ファミレスや食堂のようにその場で調理したものを食べてもらったり、ピザなどの出前のようにお店で作ったものを宅配するという場合でも簡単に作ったから売ろう!と売っているわけではありません。
衛生面だったり、食中毒だったりと様々な気をつけなければならないことがあります。
ネットのように作った場所や人が分かりにくい場合、なおさら証明のようなものがお客さんにとっての判断材料になってくれるので大事です。
その販売許可を保健所に出してもらうのです。ネットの場合でももしかしたら家で作ったものを友達に配る感覚で販売してしまう人もいるかもしれません。
保健所では人に関する条件や設備に対する条件と様々な条件を突破して営業許可をもらわなければならないのです。

食品衛生問題

消費者の安全・安心を守るために食品衛生法というものがあります。要するに食品の安心安全を守り、消費者の健康を害することのないようにするための法律です。

お店で売るにしろ、ネットで売るにしろ、食品衛生法は必要なものでネットでの食品販売にも食品衛生責任者がいて、安全を管理しているはずです。
食品を買うという時点で少しでも疑っているところは選びません、
世の中にはしっかり営業許可をとらずに販売をしているところもあるものですから…そもそも衛生法や営業許可をとるのは売る側としては当たり前のことです。そこで何かあったとしたら一瞬で口コミやSNSで広がっていきます。

買うときは信用のできる説明があるのかをちゃんと確認してから購入したいです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る